Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング

Untitled

Ala-Kul Lake Trekking/ラクル湖トレッキング -Aug 2017-


■Note

前回の失敗から約1週間の療養、このままでは終われないとして、もう一度山を目指すべくカラコルへ。

そこから向かえる山、ピークパラティカ標高約4700mに挑戦を、と思ったのだけど情報不足が災いして既にシーズン終了、他登山者はおらず単独は危険と、その山域に入ってようやく出会えた現地ガイドに警告を受ける自分。

登山目的で入ってきていて装備、食料など豊富でヘビーな装備だったけど、危険性を考慮して定番のアラクル湖とその周辺のトレッキングだけにすることに急遽変更。

ちなみにアラクル湖はキルギスタンの中で1番人気の観光スポット(日本人にとって、多分)

たいていの日本人バックパッカーはいいとこ取りで2泊3日で挑むところを、これだけの装備を持ってそんな軟弱な選択は許せないので谷と湖と谷をグルッと回る3泊4日のトレッキング。

湖も景色も中々美しかったわけだけど、このトレッキング開始5分でカメラを落っことし光をうまく取り込めなくなるわ、ピント合わないわで悲惨な感じでわりと踏んだり蹴ったりなトレッキングになってしまった。

それでもアルティンアラシャンという村にある温泉、これは本当に最高だった。久々の湯船、本当に最高だった。

でもカメラ損傷はつらい。。やっぱり。

■How to get there

ビシュケクの西バスターミナルにて
マルシュで320ソム+通例?なのか荷物が人よりデカイからか乗るときに更に100ソム追加。約6時間ほど。

カラコル→カラコルバリー出発地
101のマルシュで20ソム(ツーリスト価格?)

アルティンアラシャンバリー出発地→カラコル
350のマルシュで50ソム(ツーリスト価格)

■Ala-kul Lake Trekking 概要

コース:
カラコル周辺には多くのトレッキングコースがあるのでアレンジ次第でいくらでも変えられるけど、ベーシックなのは以下。

・2泊3日・アルティンアラシャン往復
※日本人バックパッカーの95%くらいが選択するコース

Day1《15キロ》
カラコル→アルティンアラシャン
Day2《片道10キロ》
アルティンアラシャン→アラクル湖→アルティンアラシャン
Day3《15キロ》
アルティンアラシャン→カラコル

【備考】
→1日あたり歩く距離は長いがアルティンアラシャンに宿があるためテント寝袋など必要なく軽装備で行けるので簡単。またホースサービスも利用可能でお金を出せば体力に自信がない人でも行ける。

・3泊4日パターン・カラコル・アルティンアラシャンサーキット
※トレッカーのベーシックコース

Day1《16キロ》
カラコル→カラコルバリー
Day2《6キロ》
カラコルバリー→アラクル湖
Day3《12キロ》
アラクル湖→アルティンアラシャン
Day4《15キロ》
アルティンアラシャン→カラコル

【備考】
→サーキットコースなのでより景色を堪能できるメリットがある。装備はテント寝袋食料、防寒具など一通りのモノが必要になり、それなりの重さになる。2日目は距離的には楽に見えるがずっと登りのため行程では1番キツい日になる。またカラコルバリー側からアラクル湖を目指すと入場料200ソム、テント持参者は150ソム支払わないといけない。しかしアルティンアラシャンの宿内であってもテント泊は無料になるのでそこまでデメリットはない。※アラクル湖畔以外はレンタルテント、食事も支払えば提供してもらえる。※スケジュールの組み立て次第では荷物も少なく行ける。

■Photos


IMGP8305
Mountaineering tour agency at Karakol/カラコルの登山向けエージェンシー
カラコルにはトレッキング、ホースライディングのエージェントは幾つかあるけど登山のアレンジができるのは恐らくココだけ。情報を集めるべく行ったのだけどこの時は繁忙期とあってオフィスには精通している人はいなかった。けどこちらがソロで行くというのに精一杯の情報は色々くれるし、地図も写真撮っていっていいよ、とかかなりの好印象。

IMGP8308
Bus stop to start point/トレッキング出発点へ
カラコルの街からトレッキング出発点へ運んでくれるマルシュの発着場。どの番号に乗るかは上述の通り。

IMGP8309
Day1 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング1
カラコルの街から20分弱?出発点。ここで悲劇が。さぁ行くぞとバックパックを背負うところでそれがカメラに当たり飛んでピント、光の取込みがうまくできなくなってしまう。以降はご覧の様に一眼のくせに昭和風な絵柄になっていきます。

Untitled
Day1 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング2
ほどなくゲートに到着し、入場料とテント代を支払う。

Untitled
Day1 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング3
距離はそれなりにあるけど緩い登り。が、この時は登山する気満々だったので重い装備にバックパックに入らなかったので靴も冬季様の登山ブーツを履いたまま進んでいたのでわりとタフな感じに。

Untitled
Day1 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング4
道中は谷の先にずっとカラコルピークが見えていて中々いい感じ。実はこの山に登ってみたかったのだけど、そこそこに難易度が高いらしかったので諦めていた。でも山頂からの画は本当に綺麗だったのでいつか登りたいと思う。

Untitled
Day1 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング5
初日のキャンプ地が近づいてくるとフラットな草原エリアになってくる。長閑でいい景色だったのだけどクソカメラのせいでコレが限界。。

Untitled
Day1 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング6
ということで初日のキャンプ地に。

Untitled
Day2 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング1
2日目はほぼ登りだけ。距離的には少ないけど急なのでわりと大変。装備のせいかもしれないけど。。ちなみに湖と最初のキャンプ地の間にも別のキャンプ地があって長閑でいい感じ。

Untitled
Day2 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング3
ちなみにこのキャンプ地は奥にももう1つあって、こちらのほうがいい感じだった。

Untitled
Day2 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング4
ぐんぐん標高をあげていく。

Untitled
Day2 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング5
岩場も多くて登山なコース。

IMGP8385
Day2 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング6
谷を登りきりようやくアラクル湖とご対面。登ってくる人はみんなヘトヘトになっていて、湖畔に直ぐキャンプサイトがあってここに泊まるか先に進むか迷うところ。自分は水場がパッと見たところ近くになさそうだったので奥のキャンプ地にすることにした。看板で200m先と載っていたし何よりAk-Saiトラベルの看板だったので水場は間違いないだろうと。

IMGP8390
Day2 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング7
が、しかし200m先にはそんなものはあらず中々歩かされる。もう既にヘトヘトだし湖畔に全然その姿がないし湖畔サイドにあるはずが道はどんどん上に登っていってしまうのでイライラは絶頂。

IMGP8391
Day2 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング8
ようやく上から下にキャンプ地を発見できホッと一安心。テントを設営、素晴らしいキャンプ地で疲れも怒りも癒される。

IMGP8395
Day2 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング9
もう一枚載せてみる。

Untitled
Day3 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング1
翌朝は風もやんでいて静かな時間。鏡張りも綺麗に。

Untitled
Day3 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング2
登っていく時の鏡張り。

Untitled
Day3 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング3
パスまで上がってくる頃には風も強まってしまい、雲も出てきてこんな感じに。カメラがもっと光を取り込めたら綺麗な画になると思うんだけど。ちなみにココがアルティンアラシャン側から来る人のゴール地点になる。

Untitled
Day3 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング4
湖と反対側の景色。

Untitled
Day3 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング5
パスを下って下から見た画。ここはアルティンアラシャン側から来る人にとって1番骨が折れる場所とされるところ。ミスしてる人が多いけど写真から見て左側の道が若干緩やかで登りやすい。右手は後半かなり急で登りにくいと思う。

Untitled
Day3 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング6
アルティンアラシャン側の道は谷か広いので雄大な景色を堪能できる。時期的に8月末だったのだけど草原は既に茶色がかっていた。話によればこの時期は雨があまり降らないためだという話だったけど既に秋の気配があったので、それもあるような気がした。

Untitled
Day3 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング7
いい感じの景色が続く。

Untitled
Day3 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング8
アルティンアラシャンバリーに近づいたところで今回のターゲットになるはずだったピークパラティカとご対面する。中々厳つい構え。ちなみにパラティカとはロシア語でテントの意、テント山ということになる。でもこんな山の形、周りにもたくさんあるんだけど。。

Untitled
Day3 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング9
谷に下りきっての一枚。どうしても焦点が合いきらないのでボケる。やはりカメラの故障が惜しい。。

Untitled
Day3 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング10
ということでアルティンアラシャンに到着。宿は1番手前のところにした。テントスペースあり、温泉あり、と書いてあったので即決。

Untitled
Day3&4 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング1
アルティンアラシャンの温泉。これだけの広さでプライベート利用可能。もう久々の湯船に大感動。そして更に宿はテント泊は無料、山攻め予定だったので食料もガスも余裕たっぷりということで急遽延泊を、最高にリフレッシュできた時間だった。

Untitled
Day5 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング1
カラコルに向けて出発。

Untitled
Day5 Ala-Kul Lake Trekking/アラクル湖トレッキング2
約4時間ほど歩いたところでマルシュの停留ポイントに到着。カラコルまで戻り更に一泊してビシュケクへ翌日戻るのでした。

■Accommodations/安宿

Kbh-Karakol based house at Karakol
 ●My Rating
:☆☆☆☆
 ●Price
:400ソム
 ●Room
:ドミトリ
 ●Bathroom
:共用
 ●Wi-Fi
:有り
 ●Location
:maps.me参照
 ●Special Mention
:共用キッチン有り。フリーの調味料や、トレッカーの使わなくなったフリーの食材もあり便利。ランドリーサービスもある。

Elza Guest House at Altynarashan
 ●My Rating
:☆☆☆☆
 ●Price
:無料
 ●Room
:テント泊
 ●Bathroom
:共用
 ●Wi-Fi
:なし
 ●Location
:村の1番奥。
 ●Special Mention
:有料にて朝昼晩食事オーダ可能。200ソムにて温泉の利用可能。

Thank you for reading
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
Click Me!!!!

コメント

人気の投稿